3/31 ベルヴィ ~復習&底上げ~

 どうも、ゆるキャン△Blu-rayを予約してきました、こぐれです。昨日、2期の最終回を見たのですが、すごくいいアニメでした。2期は見た後に旅に出たくなるような雰囲気があって、なんとなくしみじみとしてしまいました。2022年に映画もやるそうなので楽しみです(*'▽')

yurucamp.jp

ーーーー

 さて、もうすぐ4月(記事を書いている現在はすでに4月ですが)なので、新年度からの新入生勧誘のことを考えなければならない時期になってきました。SNSや紹介冊子など様々な紹介方法はありますが、「南米音楽も音楽の一つ、なら実際に聞いてもらうのが一番いい!」というのがあるので、『まずは興味を持ってもらう⇒来て聞いてもらう』という流れを作りたいですね。そんなわけで、4月にミニコンサートを開催しようと企画中です。

ーーーー

 さて、そこで大事になってくるのは楽器の構成とレパートリー、クオリティだと思います。現状、楽器の割合がチャランゴ多めとなっている状況なので、その場でいるメンバー/楽器で出来る曲を増やしていくというのが当面の目標ですね。そして、やみくもに増やしていくだけでなく、きちんとクオリティアップもしていくことが大事だと思っています。

ーーーー

 なので、今日の内容は曲ごとの楽器構成の確認、レパートリーの確認、実際に演奏してみてどういう弾き方がいいか等に焦点をあてて練習しました。

・コンドルは飛んでいく

・1$/サンフランシスコへの道

・大陸への道

・エンクエントロス

コーヒールンバ

・ラ マリポーサ

花まつり

ーーーー

 確認したポイントとしては

チャランゴは基本的に1人、多くて2人。

・ボンボやパーカッションも積極的に担当して、演奏に参加する。

・コンドルでは3部をペースアップして、曲に強弱をつける

・エンクエントロスでは、イントロから速めにした方が曲に勢いが出る。

・今まではマリポや花まつりで、↓↓ ↓ ↓↓

というようなストロークをしていたのですが、それだと勢いが止まってしまうし、ズレる恐れがあるので、出来るだけ止まらないストロークを意識する。

・歌はしっかり歌詞を覚えて大きな声で楽しそうに歌う。

・モレナダのリズムでは、マトラカの確認。

・表情も意識してみる。

Ex. 楽しそうにやる(=盛り上げたい!)or 真剣にやる(=ここが見せ場!)

⇒全部が全部真剣にやってると余裕がないように見えるし、楽しそうにやるだけでは、ちゃんとフォルクローレをやりたい人には伝わらない可能性もあるため。

チャランゴでもメロディを弾けると幅が広がる。

ーーーー

 今日は確認したことが多かったですが、一つ一つ把握して実践できるようにしていきたいです。

 今日はこの辺で。それでは。

 

(そろそろ、La-miaのHPの情報更新をしなければ......)

 

3/29 La-mia ~久々の練習!~

 どうも、先刻(3/24の記事)ぶりです。こぐれです。

 課外活動自体はすでに再開されているのですが、先週は大学の卒業式の関係で練習がなく、二週間前までは県外移動したことによる自粛待機をしていたので、自分にとっては久しぶりのLa-miaの練習でした。しかも、なんと見学希望の方が来るというイベントもあり、3月の変化の多さを実感しています。

ーーーー

 さて、練習の方はまだ春休みということもあり、人数は少なかったのですが大学の中で練習するというのも久しぶりだったので、なんだか気分も新たにseason 2という感じでした。

・TUNA PAPITA

・レパートリーの曲の再確認(自分)

・風とケーナのロマンス

 今日は見学の方も来ているということで、練習後半の全体練習では、3曲を合わせました。

・エンクエントロス

・大陸への道

・コンドルは飛んでいく

ーーーー

 今日のトピックスはこのくらいですね。ようやくコンドルは飛んでいくのイメージを掴んできた気がします。

 それでは。

 

3/24 ベルヴィ ~Scarborough Fair~

 どうも、お久しぶりです。もう3月も最終週に入り、明日からは気づけば4月です。

秋田にはまだ桜は咲いていませんが、朝日の上がる早さや、日中の暖かさに春を感じるようになってきました。そういえばこの前、道を歩いていたら、つくしがたくさん生えていました。一年ぶりに見ました。

ーーーー

 さて今日は、

・スカボローフェア

・銀の月

・1$/サンフランシスコへの道

・大陸、コーヒー、花まつり、風とケーナ(構成、ポイントの確認)

をしました。

 メインとしてやったことは、スカボローフェアでの冒頭部分と、現状だと弦の割合が多くて管楽器がいないときに演奏することも考えられるので、弦の人たちもメロディを弾けるように練習するというのがテーマでした。

 あと、個人的には最近、風とケーナのロマンスがいい曲だなと思っているので、コードや弾き方の練習としてもやってみようと思います。

ーーーー

 今日はこれくらいですかね。それでは。

 

f:id:anklet:20210331172803j:plain

春の風景「つくし」

 

3/17 ベルヴィ ~カルナバル~

 どうも、またまたお久しぶりです。勤務明けのこぐれです。

昨日、一昨日は雨風が強く、気温も低かったのですが、ようやく春らしい青空と陽気が感じられるようになってきました。最近、けっつしゃっけえという言葉をよく思い出します。

 (本当は『お尻が冷たい』という意味らしいです)

ーーーー

 さて、今日は自分自身3週間ぶりの参加でした。大学の課外活動も再開の許可が出たので、これからは新入生勧誘に向けての練習も再開していきたいところですね。そのためには、まず現在の自分たちに何が出来て、何が出来ないのかを把握すること・全体のクオリティを上げていくこと・レパートリーを増やしていくことが大事になってくるかなと思います。

ーーーー

 今日やったことは、主にカルナバルの練習とGメジャーのペンタトニックスケールの練習をしました。

 前半

・エンクエントロス

・コンドルは飛んでいく

・La-Bonita

 

 後半

・Gメジャーのペンタトニックスケール[ソラシレミ]

⇒La-Bonitaにアレンジを加えてみる

・カルナバルの練習

ーーーー

 年末頃から練習してたエンクのイントロが、3月くらいになってようやく実になってきた感じがするので、今後の練習で実際に合わせられるようにしていきたいです。

 今日はこの辺で。それでは。

 

                                                                                      

〈パーカッション練習〉ティンクス・ウィストス

  どうもお久しぶりです。秋田に舞い戻ってきましたこぐれです。

  こっちに帰ってきて思ったのは、秋田も3月に入り、まだ寒さは残っているものの、朝の空気や道端の木々などに春の訪れを感じる季節になったかなということでした。……とはいえ、やっぱりまだ寒い😵三寒四温とも言いますし、ウチではもうしばらく炬燵が活躍してくれそうです。

ーーーー

  さて、今回パーカッション練と題したのは、その名の通りでフォルクローレの曲のパーカッションを出来るようになろうと思ったからです。昨年のテーマの一つでもありましたが、ボンボ・チャフ(その他ギロやシェイカー)などを出来ることは決してチャランゴだけじゃなく曲をマスターするために大きく役立つと思いました。(チャランゴを弾く上でもリズム感が良くなるし、他にチャランギスタが多いときでも素直に「自分ボンボやるよ」と言えますしね🥁)

  ということで、自粛期間を利用してパーカッションの練習もしてみようと思います。

ーーーー

  今回練習するのは、ティンクス・ウィストス(tinku)。

  やり方としては、CDの音源を聴いてどこで・どんなリズムで叩いているか、 叩くときに意識しておくところ、要所となるところ、を把握して、その後La-miaで叩いているver.との確認をして叩く練習をする。という方式でいこうと思います。(練習は鉛筆✏️や膝でやります。あまり大きな音は近所迷惑になってしまうので(^_^;)

  とりあえず、自分が曲を聴いてみて分かったこと・感じたことは下記の通り。

ーーーー

・基本は

タンタンタンタン タンタンタンタン 

タンタンタンタン タタタ タタタ

  というリズムで、右下の三連符がこの曲のポイント。サビの部分でも大事だし、ケーナも重ねてピピピッ ピピピッ と吹くところがある。具体的には「サバイラール/カルナバール

ティンクのリズムはいわゆる4拍子なので、一拍目を強くするというのを意識する。but、それを意識しすぎると2小節目以降に速くなる/遅くなってズレるという可能性もあるので注意。

タタタ タタタ のところは、手首を軽く返して叩くといいかも。

・「ダバウィットゥ 〜 サバイラール、バモノ サ カルナバール」のサビ(?)のところ

タンタンタンタン タタタ タタタ 

タンタンタンタン タタタ タタタ

と叩く。それ以外は上記の基本のリズム。

要するに4拍子のリズムが崩れないことが第一。

  その他

チャランゴはタキラリ的な弾き方もアリかも(?)。あとアクセント的に3連×4とか。

チャフは基本の4拍子を通してやる。タタタ タタタ をチャフでやろうとすると、擦れて余計な音が出る気がするから。

・この曲はビブラスラップあり。叫ぶところ(入りと間奏終わり、ロロロイ終わり部分)。

ーーーー

  La-mia ver.では、

・イントロ(&間奏)はギターとチャランゴがやる。CDでもボンボは叩いていないが、人によっては、もしくは単音弾きの目安になるのであれば、基本のリズムをふちでカッカッカッカッと叩いてもいいかもしれない。

・普段はサビ以外は全部4拍子で叩いて、タタタ タタタ を入れていなかったけど、そこはCD通り基本のリズムに忠実でいい。

・サビは一緒。

・ロロロイのところは動き出しは左から👈

※諸説アリ。右からだったかも。

・終わり方は、タンタンタンタン タン。特にそこだけ大きくするとかはない。

ーーーー

  ひとまず初回はこの辺りですかね。後はこれらを踏まえて叩いていこうと思います。

  それでは。ノシ

 

 

2/24 ベルヴィ ~右手のリズム~

 どうも、今日は五目炒飯を食べてきました。こぐれです。

あと3/1~地元に帰省するので練習記録の方は、しばし更新がないかもしれませんのでご了承くださいm(_ _)m

ーーーー

 さて、今日は4年生の先輩方が卒業して、割合的に1,2年生が多い日でした。久しぶりに来た人も多く、中々勘を取り戻すのに時間はかかりそうでしたが、今後はこのメンバーで演奏していくことになると思うので、一つずつでもレパートリーや精度を高めていくことが出来ればと思っています。

ーーーー

 今日の内容としては、上記の要素も考慮して、一年生が出来そうな曲を中心にやりました。

・La Bonita

Jina Jina

・リャキルナ

コーヒールンバ

・コンドルは飛んでいく

花まつり

 

 後半

・エンクエントロス

・銀の月

チャランゴのための右手のリズム

ーーーー

 チャランゴの右手のリズムというのは、要するにストロークのバリエーションで、チャランゴは演奏の中でリズムを刻むという重要な役割もあるため、テンポを一定に保つこと・節の切り替えなどをはっきりとさせないといけない。

 しかし、ただ右手を振ってコードを鳴らしているだけだと聴いている方にとっても味気ないし、演奏の迫力というものが付きにくいです。CDの音源などを聴くと、プロは変幻自在に弦を鳴らしているが、リズムが乱れることはありません。演奏に深さを持たせるには、強弱・アレンジ・技法など様々な要素があるが、まずはリズムを一定に保って、一曲の長さという「枠」を作ることが大事になります。

 ___が、リズムを一定に保つというのも実は意外に難しい。一曲合わせてみても、少しずつのズレが重なって「あれ、何か違うな」と感じることが多いです。(実際、今日の演奏もそんな感じでした。ここらが先輩たちの演奏とはまだ違うところの一つかなと思います)

 そのズレを直すには、自分のリズムを確たるものにすること、皆で合わせる練習をして修正していくことが重要。後者は皆でコミュニケーションを取り合って、そういう時間を増やすことが出来ればいいなと思いますが、前者の練習をする時の具体的な方法というものを今回やりました。

ーーーー

 さて、相変わらず前置きが長くなりましたが、今日やったのは右手のリズムの初級編として、「4ビートのダウンストローク」「8ビートのオルタネイト」をやりました。

 4ビートが基準となるのは、4拍子。4/4拍子は四分音符(♩)が四つ分の長さということ。3/4拍子は三つ分。(いわゆるワルツとかで使うリズムですね。ズンチャッチャ ズンチャッチャ⇒|♩♩♩・|♩♩♩・|タンタンタンウン タンタンタンウン。6/8拍子もその系列ですが、その話はまた今度)

 今回のテーマは4/4拍子。これを単純にチャランゴで弾いたら

↓ ↓ ↓ ↓ | ↓ ↓ ↓ ↓

タン  タン  タン  タン    タン  タン  タン  タン  (1 2 3 4, 1 2 3 4と弾く感じですね)

となりますね。それで、よく弦楽器で出てくる8ビートストロークというのは

↓↓↑ ↑↓↑| ↓↓↑ ↑↓↑ 

(あえてギターとかのコード譜でよく出てくる書き方をするならば、

ΠΠv vΠvとなります。Πが↓、vが↑ですね)

 これが4拍子のリズムにどう関係があるかというと、8ビートのストロークは音符に直すと四分音符♩四つ分の長さで構成されているということです。つまり、四分音符が四つ分という長さの枠の中で、八分音符だとか裏拍などの工夫を凝らしてリズムを刻んでいくわけです。

 8ビートのオルタネイトというのは、アップとダウンを交互に繰り返して演奏する弾き方のこと。ギターとかではオルタネイトピッキングという言葉も聞いたことがあるかもしれません。これを↑↓で表すと、

↓↑↓↑ ↓↑↓↑|↓↑↓↑ ↓↑↓↑

タタタタ   タタタタ    タタタタ   タタタタ

ですね。これは八分音符♪が16コで、

♫♫ ♫♫ | ♫♫ ♫♫

と同じになります。これをチャランゴで弾いたら、右手はそのまま上下に振って弾けばいいわけですが、今回のポイントは「空ピック」を入れることです。裏拍といってもいいかもしれませんね。

↓×↓×↓×↓×|↓×↓×↓×↓×

 これはダウンだけ見れば、一番最初のストロークと同じになります。違いとしてはアップ、上に弾く時の意識。これがあるときっちり拍を区切っているのでリズムがぶれずに弾くことが出来るということだと自分は理解しました。ですが、演奏の一小節ごとにそんなことを考えていては間に合わないので、練習で手に覚えさせるというのが大事です。

 そして音楽は♩の長さの音もあれば、♪の長さもあって、これらの組み合わせで奏でていきます。同じように、4ビートの弾き方や8ビートの弾き方を組み合わせてリズムを刻めるようになるというのが目指すところです。フォルクローレではワイニョ、ティンク、トバス、モレナダ、タキラリなどのリズムで使えるストロークのきっかけになるので練習していきたいです。

ーーーー

 

〈フォルクローレの曲〉Negro Alegreの歌詞

 原文/スペイン語

A.  |: En negro baila su saya al ritmo de los tambores :|

  |: Ella mueve sus cadenas como para que te mueras :|
A'. |: Pegado lleva a su huesos la saya, la negra y sus besos :|
     |: porque se siente muy dueño es un diablo en pleno sueño :|


B. El negro tiene alegre el corazón quiere cantar, quiere bailar.
    El negro tiene alegre el corazón quiere cantar, quiere bailar.

ーーーー

 カタカナ版

A. エン ネグロ バイラス サヤ アリルモ デロス タンボレス

    エラムェ ブスス カデナス  コモパラケテ ムェラス

A' ベガド リェバス スエソス  ラサヤ ラネグリス スヴェソス

    ポルケセ シェンテ ムイ トゥエニョ エスン ティアプレノ スエニョ

~wayayay エッソ ネグロ!!!~

B. エネグロ ティエネ アレグレ ルコラソン ケ カンタール ケバイラー

 

 構成(歌の時)

AA A'A' BBB

ーーーー

 和訳

  暗い中で彼女は太鼓の音に合わせてサヤを踊る
  彼女はあなたを死に至らしめるように 鎖を動かしている

  サヤを着て、黒を着て、骨にキスをしている
  なぜなら、彼女は夢の中の悪魔のような気持ちになっているからです。

  黒人は幸せな心を持っていて、歌いたくて踊りたくて仕方がない。

ーーーー

 ポイントと考察

・翻訳をしてみて驚きましたが、意外とおどろおどろしい歌詞ですね。(翻訳が間違っている可能性も否定できませんが)。儀式のような祭りの雰囲気を感じます。

・全体として、そんなに難しい曲ではないですが、歌としてはA'の2行目が語数が多いので舌を噛まないように注意。

・サヤのリズムの曲なので、ギロやチャランゴでもリズムを刻めるようにしておくこと。